株式会社コーワメックス RECRUITING 2018

CARRIER

先輩たちのキャリア

先輩たちのキャリアアップも三者三様。個性豊かなメンバーが揃います

carrier 01 東山 幸平 機械・機器

課長

東山 幸平

入社17年目

名城大学大学院 理工学研究科 修士課程機械工学専攻 卒

COMMENT

現在は他の設計者がやらないようなプロジェクト管理の仕事を任されています。今まで様々な経験をしてきたことで知識が増え、いろんなことを任せてもらえています。仕事をする環境は大企業と変わらないにもかかわらず、いろんな分野の仕事が出来るのはコーワメックスの魅力です。

  • 入社1年目

    エンジニア

    24歳

    とにかく精一杯

    新卒で入社し、最初に配属されたのは航空機のコックピットの内装プロジェクトチーム。ほぼ未経験の状態でモデリングやCAD、実験を0から経験しつつ学びました。この頃はついていくだけで精一杯でした。

  • 入社2年目

    主任

    25歳

    分野を問わず、なんでも経験

    航空機の業務から、自動車内装部品の開発に携わることになりました。勤務先は小さい会社だったため、営業から設計、CAD、試作など、分野問わず、様々な業務を担当しました。時には失敗もありましたが、なんでもやってみようというチャレンジ精神が生まれました。
    その後は、部品の型をつくるための金型の計算を担当。以前の担当者は成果が出せなかったということで、抜擢されました。実験をして、しっかりとデータを取り、不明点は大学や研究所に通い学んだことで、成果を出すことができました。

  • 入社7年目

    係長

    31歳

    人材教育のマネジメントへ異動

    一変して、今度は3年間マネジメント業務をしていました。エンジニアから、エンジニアを育成する側へ立場が変わりました。新人社員教育や研修の企画などを計画し、社員をサポートします。さらに「機密管理委員会」や「安全衛生委員会」を設立するなど、基礎から何かを築き上げていくことはモノ創りと同様に、楽しかったです。マネジメント業務も興味があれば、挑戦してみると新たな発見があるかもしれません。

  • 入社11年目

    課長

    35歳

    航空機に興味を持ち、エンジニアに戻る

    社内に航空機開発に特化した「航空機設計室」が新たに開設。航空機も面白そうだな!と思い、航空機の道へ。再びエンジニアに戻りました。
    自動車は部品の開発が主ですが、航空機は「機体」に携わることが出来ます。しかも、機体会社と直接取引をしているため、トップクラスの仕事ができます。ただ、自動車とは全く異なるので、まだまだ日々勉強中です。航空機は自動車と違って、生産数が少ないため、試験も10年に1度しか経験できません。そんな貴重な体験ができることに誇りを感じます。

電子・電気 丹羽 政巳 carrier 02

課長
丹羽 政巳

機械・機器 小川 祐有哉 carrier 03

課長
小川 祐有哉