近年、電子制御を用いたシステムの複雑化に対応する方法の一つとして、MBD(モデルベース開発)手法が注目されています。
すでに、自動車に搭載されるシステムでは一般的な手法となりつつあります。
要求分析の結果をモデル化することにより、即座にシミュレーションし、システムの振る舞いがステークホルダーの要求を満たしているのか確認することが可能です。
また、実装段階では、振る舞いが確認されたモデルを詳細化し機能検証をおこないます。
このようなモデルによる振る舞い検討、機能検証においては、電子制御(制御ソフトウェア)のモデル化のみならず、制御対象のモデル化も重要な要素となります。

当社では、おもにMATLAB(R)/Simulink(R)を活用し、制御のモデル化、制御対象のモデル化を行い、システムの振る舞い検討から制御開発をおこないます。また、お客様から提供される仕様書、または、ソースコードからSimulink(R)モデルを作成し検証するサービスも提供します。

システム要件定義から制御ソフト開発・実装までをサポート

Ⅴ字プロセスにモデルベース開発を適用

シミュレーションを活用したシステムの振る舞い検証を行い、ユーザー様に最適な制御システム要件の提案をいたします。
従来のⅤ字プロセスにモデルベース開発を適用し、迅速な対応が可能です。

  • 1Dモデルによる振る舞い検討
  • 詳細モデルによる機能検証
  • Simulinkモデルからターゲット基板に最適なコードの生成
  • 生成したコードの実基板への組み込みと検証

MBDエンジニアリングサポート

お客様から提供される仕様書や既存のソースコードからSimulinkモデルを作成し検証します。
また、仕様変更に対するモデル改修も対応いたします。
検証は当社のソフトウェア評価検証サービスのノウハウを活用し、柔軟に、かつ、確実な検証評価を実施します。